やさしいヨガ哲学『がんばることをやめる勇気』


親愛なる皆さま、こんばんは! ヨガルンタのなつこです。 私の家の中に飾っている花たち

素敵でしょ? 好き勝手な方向にワイルドに育った

つるバラやハーブを ナチュラルにいけるのが好きです。

今回のオンライン無料期間中 私のレッスンを受けて下さった方 本当にありがとうございます。

まだお目にかかっていない方も ぜひお目にかかれるのを楽しみにしています。

先日のレッスンでも少しお話ししましたが 今夜は、がんばることと手放すことについて 書きたいと思います。

ヨガの哲学では がんばることと手放すことが 大切だと言われています。

哲学の用語を使うと

「修習(アビヤーサ)」と 「離欲(ヴァイラーギャ)」です。

がんばるのは得意で 手放すことが苦手な方が、多いと思います。

もっとがんばりなさい まだまだがんばりが足りない と言われて生きてきたからです。

なにか上手くいかないことがあると、 がんばりが足りなかったからだ と自分を責めたりします。

ヨガのレッスンの中では できるだけのことをしてください できないことはやらなくていいのです とお伝えしてますが 多くの方が 「身体が硬くてできませんでした」 「できないポーズがありました」と 残念そうにおっしゃるのです。

おかしいと思いませんか?笑 でも、私も昔はそうだったので よ〜くわかります。

できないことはやらない勇気 できないことはできないんだから やらないで堂々としている勇気

結果がどうであれ ありのまま受け取る勇気 なかなか難しいですよね。

でも、これがヨガを学ぶ上で 最も大切な学びなんです。

ポーズの形や結果ではないんです。 結果を手放したとき 結果はあとからついてきます。 なので、私のレッスンでは それが皆さんの身体に染みこむまで 何度も何度も言いますね。

今週も、そんな感じで レッスンを行いたいと思います。

水曜・日曜は朝10時より

90分の『なつこのヨガフロー』

ゆっくりやさしく瞑想的に動き ピークでは軽く汗をかくくらい 全身を大きく動かします。

身体にたまったものを吐き出し 流れを促し、スッキリしましょう。

手放したあとには より良いものが入ってきます。

受け取りましょう♡

初めての方は無料体験となります。

無料期間にご参加頂いている方は チケットのご購入をお願いします。

一ヶ月受け放題で3000円の マンスリーチケットがオススメです。 (一ヶ月で解約もできます。)

1回ごとのお支払いも可能です。

ご予約は朝8時まで できれば前日中にお願いします。

という感じで、私も結果を求めず 無料期間中レッスンを続けていたんですが しつこくてすみません…。汗、汗

ヨガは、少なくとも 2週間から2ヶ月ぐらいは続けて頂くと 明らかな変化が感じられると思いますので…

ご参加を、心よりお待ちしております♡

なつこ



まるやまなつこ

ヨガ瞑想講師・グラフィックデザイナー


東京の西の外れの自然豊かな高尾で育ち、美術の道を志し多摩美術大学に進学するが心身が弱く中退。1995年よりアーユルヴェーダクリニックのコンサルテーションに通い、トリートメントとTM瞑想で体質が劇的に変わる体験をする。

その後2003年ケンハラクマ師のアシュタンガヨガに出会いその魅力の虜になる。 2004年インド・マイソールで6週間アシュタンガヨガ創始者パタビ・ジョイス師の元で修行。 2009年ヨガスタジオを立ち上げ指導を始める。2012年よりゴエンカ師の10日間ヴィパッサナー瞑想修行に3回参加。

2017年 綿本彰師によるラージャヨガ(瞑想ヨガ)で心がみるみる変わる体験をする。 2019年 綿本彰師の200時間瞑想ヨガ指導者トレーニング終了。日本ヨガ瞑想協会登録講師。全米ヨガアライアンスRYT200終了。現在は西八王子のヨガスタジオYoga Lungtaで講師を努めつつ、グラフィックデザイナー/WEBデザイナーとして『なつこ工務店』の屋号で活動、二足のわらじを履いてゆっくりマイペースで歩いています。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square