頭と心を柔らかくする、マインドフルなヨガ 02 集中するコツ

親愛なる皆さま、こんにちは!

チワワ

ヨガ/瞑想講師の まるやまなつこです。


先日の投稿 『頭と心を柔らかくする、マインドフルなヨガ』 の続きです。


ただ運動して発散したり、 身体を鍛えたりするのではなく


マインドフルにヨガをすること 今ここにある感覚に集中することが大切 というお話をしました。


今に集中しているとき 私達の脳は、静かになっています。


今に強く集中できているとき、実は、 脳は休まっているのです。


逆に、なんとなくぼんやりとすごしているとき 私達の脳は忙しく動き回っています。


過去や未来についてくよくよしたり 不安になったり

だいたいはネガティブな考えが 頭のなかをぐるぐるしている状態です。


それが脳を疲労させ、 私たちを疲れさせているのです。


実は私たちの疲れの大半は 身体よりも、脳の疲れだと言われています。


身体をいくら休めても 脳が休まらないかぎり


疲れやストレスはたまり続け 身体も心も弱ってしまうのです。


でも皆さんご存じの通り、集中って とぉ〜っても難しいんですよね。


私たちの心というものは いつもふらふらと気まぐれに


あっちこっち好き勝手に 動きまわってしまうものです。




では逆に、どんなとき私たちは 簡単に集中できるのでしょうか。


それは、大好きなことをしているときや 大好きなひとと会っているとき


集中しようとしなくても

時間がたつのも忘れ

我を忘れて この瞬間に集中しています。




そして、追い詰められたとき ずっと後回しにしていた課題なんかの 〆切ぎりぎりの時も


私たちは、いつもの何倍もの 集中力を発揮したりします。




ヨガや瞑想をするとき 大好きな人、大切な人との 貴重な時間を過ごすように


もっと愛情をこめて 自分の心と身体に 寄り添ってみてください。



自分の心と身体に

どんな感覚が感じられるか もっと繊細に、もっと優しさをもって


それがどんな感覚であっても 敬意を込めて受け入れてみてください。


二度と戻らないこの瞬間に 最善のことをつくしてみてください。


その態度が、ヨガや瞑想の クオリティーだと思います。




そして、本当に大切なのは 今日はどれぐらい集中できたとか どれぐらいポーズができたとか どれくらい身体が変わったとか

ではないのです。



これって

いわゆる精神論じゃないのです。


私たちの心と身体は ちゃんと応えてくれるんですよ。




インド3000年の歴史のあるヨガは

思い通りにいかない

ツライ人生を生き抜くための

哲学であり科学です。

〜〜〜


オンラインレッスンのスケジュール


ご予約はこちら