深く大きく優しい吐息を

こんにちは🌞

水曜日と金曜日、

星ヨーガ&やさしいヨーガ

を担当しているアヤナです。

今日は「呼吸」について書いていきます。

呼吸は

酸素を体内に取り入れ

二酸化炭素を体外に排出する

生体機能

というのが

理科の授業で教わった内容ですね。

酸素は動脈血によって全身に運ばれ

身体中の細胞に栄養と活力を与え

二酸化炭素は静脈血で運ばれ

吐く息で口から出されます。

この時 吐く息が少ないと

吸う息もそれに見合った量しか入らない…ってご存知ですか❓🤔

義務教育中、ラジオ体操では

吸う息から始めていますから

深呼吸というと

多くの方が胸を開いて

吸うところから始めます。

実はこの呼吸

呼と吸 と書かれるように

吐く息(呼ぶ)が最初なのです。

私 実は小児ぜんそくだったのですが

一生懸命息を吸っているのに

死んでしまうのではないかと思うほど

苦しいのです。

ゼイゼイしながら呼吸を観察すると

息がほとんど吐けていない……

吐けないから苦しいのです😵

ヨーガクラスの指示で

「次の吸う息が来たら体を起こします」

「吸う息でねじりを解きます」

というものがあると思いますが、

焦ってしまわずに

今吐いている息を全て吐き切ってから

吸う息で動いて欲しいのです。

するとポーズと呼吸が連動するので

適所に必要な酸素が届き

身体の内側から元気になっていきます。

ヨーガとストレッチの違いが

呼吸によるものが大きいと言われるのは正にここだと思います。

おまけに吐く息は

二酸化炭素を排出するだけでなく

自分を表現する意味合いもあります。

吐く息に自分の心境が表れるのです。

大笑いする時

ウットリしながら溜息をつく時

イライラしている時 等々

あ〜なるほど と思いませんか❓

冷静になって自分を観察すると

呼吸と感情はシンクロしているのです。

呼吸は無意識でも出来ますが

意識しても出来る❗️という

生体機能としては

珍しいシステムを持っています、

それならば 同じ言葉を

穏やかで優しい吐息に乗せませんか

イメージしてみて下さい、

きっと皆さんの半径2メートルが

幸せな空間に変わりますよ☺️

クラスで意識してみて下さいね〜✨

               〜Om Shantih〜

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square