身体に優しい涼風を🎐

こんにちは🌞

水曜日と金曜日

星ヨーガとやさしいヨーガを

担当しているアヤナです。

前回、前々回と

吐く息についてお話しました。

今日は「呼吸」第3段、

吸う息のお話をしますね。

『吐く息は自己表現を表している』

と最初の回で書きましたが

では 吸う息 は何を表していると

思いますか❓

周囲の空気をたっぷり取り込んで

自分の中に入れる…

つまり

自分以外の人や物、

環境の放つエネルギーを

自分の中に注ぎ入れて

内側で対話をしているのです。

対話をしながら

このエネルギーを受け入れたいか

拒否したいかを判断している。

そこから

受けたエネルギーに相応しいものを

今度は外に向かって

自己表現(吐)してゆく というフローが

呼吸のシステムだと言えるでしょう。

人は悲喜交々

様々なエネルギーを放っています。

例え口を閉じて黙っていても

心の中で 頭の中で

常に言葉を巡らせています。

一日数万回繰り返される その言葉が

私達の放つエネルギーとなり

身体の周囲を覆います。

                           ⬇︎

そしてそのエネルギーに見合うものが

現実として

目の前に現れるようなのです。

この地球上では

私達が吐き出す二酸化炭素を

植物が取り入れ

植物が放出する酸素を

私達が頂く

というリレーションシップがありますね。

植物たちは

私達の吐き出す二酸化炭素が少ないと

元気になれないのです。

口を開けて

大きなため息を

思いっきりつきましょう。

私たちの様々な想いを

植物たちが吸い入れ

綺麗に浄化して酸素を吐き出します。

悲しみも苦しさも寂しさも

喜びも全て優しく

クリーンエネルギーに返還してくれているのです。

その植物たちの思いやりを

視線を少し上げて

身体中に吸い込みましょうよ。