春、女性の骨盤

こんにちは🌞

水曜日と金曜日の10:30

星ヨーガとやさしいヨーガを

担当しているアヤナです。

人などの哺乳類は (鳥類もそうらしい)

ほとんど体温が変化しないので

「恒温動物」と呼ばれます。 

恒温動物は外界の温度を

脳🧠の視床下部で察します。

そして視床下部からの指令により

身体が機能するのに

ちょうど良い温度に保つため

血管や皮膚などを

細くしたり緩めたりしながら

常に一定の体温を

維持することが出来ています。

また骨格も

冬場 寒さが厳しい時期には

キュッと締めて収縮することで

温度調節に貢献しています。

さて 三寒四温の季節も

そろそろ終わりを迎えて

初夏に向かってゆきますが、

この時期

私たちの骨格はどう変化して行くのでしょう。

3月の立春辺りから徐々に

私たち女性の骨盤は開き始めます。

いやいやいや、

立春なんてまだ寒い❄️ですし

先日など4月になっても

雪やミゾレが降っていましたが、

骨盤が動くのはミリ単位、

成長期でもなければ骨格は

そこまで早く大きな動きはありませんので

じっくり着々と暖かい季節に向けての

準備を始めます。

これは女性の骨盤模型です。

通常 生理や出産の際には

この骨盤は下に向かって

ハの字に開いてゆきますが、

春だけは

上に向かってハート形に

開いてゆくのです。

ハート形の骨盤は春らしく

新しいことにチャレンジしたくなったり

付き合う人を変えてみたくなったり

今まで経験したことのない場所に

身を置きたくなるような

積極的な気持ちを呼び覚まします。

この時

骨盤の動きが滑らかであることが

とっても大切です。

ヨーガのアーサナなら

①牛の顔のポーズ

②針の穴のポーズ

③合蹠(ガッセキ)前屈のポーズ

④太鼓橋のポーズ

などが

骨盤調整に最適なアーサナです。

また他のアーサナとのシークエンスで

骨盤の動きをさらに

改善してゆくことができます。

ぜひ実際のヨーガレッスンで

体感してみて下さいね。

個人的には『針の穴のポーズ』

をオススメします‼️

これは座骨の筋肉を

程よくストレッチ出来るので

あまりの気持ち良さに

気が遠くなること請け合いですよ😌

春に相応しい身体を

ヨーガで作ってゆきましょう。

この情報が必要な方の

                   お役に立ちますように

            〜Om Shantih 〜

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square