偉大なるシャヴァーサナ(死体のポーズ)




今私は暖かさと静けさに包まれている。

まるで柔らかい雲の上に寝そべっているみたいに

体は空気のように軽く、くつろいでリラックスしている

そこは穏やかで、静かで、暖かい場所…

チーン…どこかでティンシャのベルの音が聞こえる

「ゆっくり、手足の指先を動かして…」と声が聞こえる

あぁ、そうか、私はシャヴァーサナをしていたのだ。

柔らかな雲の上でも、暖かさと静けさに包まれた天国でもなかった。

ただヨガマットの上に寝そべっているだけであった。

そう、これは、シャヴァーサナから目覚めるときのいつもの感覚です。

『シャヴァーサナ』

ヨガのポーズで『死体のポーズ』と言います。

伝統的なインドのヨガの練習で、意図的に休息するためのものです。

体と心を沈静し、統合するためによく寝られたシークエンス(数種類のポーズを連続で行うこと)の一番最後に、シャヴァーサナをします。

それは活力とリラクゼーション、マインドの鎮静と集中を同時に味わう時間です。

シャヴァーサナを練習する間、意識が冴えた状態でマインドを静止することの偉大なる恩恵は、良きシャヴァーサナを経験したことのある人は

知っているでしょう。

また、アーサナ(ポーズ)の練習後に死体のように横になって休息するのは、マインドを静め固定観念や、日々の義務や仕事、肩書きから一時的に離れて’死んだ’状態になって『今ここ』にある、というシンプルな感覚を味わいます。

シャヴァーサナで静かに静止する間に、体と心はレッスンで経験した全ての動作、インストラクション、感覚や発見を統合し、吸収します。

それは、平穏で研ぎ澄まされた意識を保ちながら、レッスン後の様々な状況に良好に向き合うことができます。

この静かで控えめなポーズは、ヨガの練習の中で最も重要なポーズで、私たちをまっさらな「善なる本質」穏やかでリラックスした優しい心へと戻してくれるのです。

10分間のシャヴァーサナは、2時間の眠りに匹敵するほどの休息を得られる、と言われています。

実際、シャヴァーサナを終えた体と心は、活力に溢れています。

シャヴァーサナ嫌いって人に出会ったことがありません。みんな口を揃えてシャヴァーサナって気持ちいい!大好き!ってよく聞きます。

どんなにハードな練習も、そのさきにシャヴァーサナがあるって思えばなんでもありません。(私のクラスではそんなハードな練習はしませんが…)

シャヴァーサナは、外界との繋がりを一時的に手放し、真の自分ーシンプルで、静かで、リラックスしていて、目覚めているー状態へと導いてくれます。

ぜひ、体験しにいらしてくださいね。

今日も素敵な1日を♪

Om shanti,tara

#シャヴァーサナ

#休息時間

#真我

#リラクゼーション

#ヨガルンタ

#ヨガと瞑想

#八王子

#オンラインヨガ

#スタジオヨガレッスン


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square