ヨーガのポーズが安定する『ムーラバンダ』

体内のパワースポット!ムーラバンダ こんにちは。ヨガルンタのtaraです。 今日は、とっても使える、ヨーガテクニック『ムーラバンダ』のお話。 ムーラとは、サンスクリットで根・ルーツを意味し バンダとは、英語のバンド「締める」という意味の語源のサンスクリット語。 呼吸やヨガの生命エネルギー(プラーナ)の流れを外に漏れないように 肛門を締め付けるテクニックです。 解剖学的にはムーラバンダは骨盤底筋群にあり、おしりの穴を閉める時に使う筋肉のこと。 肛門と生殖器の間の会陰部あたりに位置し、肛門を締めることでムーラバンダがロックされます。 体幹を支え安定したポーズには欠かせない部分で、生命を巡らせるすべてにおいての要の場所となっているのです。 ポーズの安定させるのに欠かせないムーラバンダの方法 1. 骨盤を地面から垂直に立て、背骨は腰に負担がかからないように天井方向へまっすぐ伸ばします。 2. 息をゆっくり吐きながら肛門を上へ引き上げるように、そしておへそを後方へ引き込むように意識し 引き締める。この状態を3〜5秒ほどキープ。 3. 次にリラックスしながら吸う息で、引き締めた部位を解放し体の力を緩めます。 立ちポーズの時にムーラバンダを締めると、体幹が感じられ、足のひらがマットに吸い付いてゆく感覚を感じます。 ムーラバンダを締めるのは筋肉なので、使えば使うほどその感覚がわかってきます。次第に普段意識しなくても、自然と締まっている状態をキープできるようになってきます。 ムーラバンダの絶大な効果 ・コアが安定するので、ポーズのキープが断然楽 ・集中力が高まる ・生命エネルギーが逃げて行かない

心の動きをとらえる瞑想〜10月レッスンスケジュール〜

こんにちは。ヨガルンタのtaraです。 写真はレッスンの瞑想で使う道具です。 ティンシャやガネーシャの像、チャイ... 見る・味わう・聞く・香る・感じる 5感を使って一点集中瞑想します。 「観る」瞑想もします。 観るものは、心の動きです。 みなさんは、心の動きに意識を向けてみたことがありますか? taraは気がついたとき、思い出したときはいつも、自分にどんな思考があるのか、来ては去る感情に意識を向けて観ます。 感情思考に意識を向けて、よーく観てみると驚かされることがたくさん。 たくさんの思考感情がやって来て、去ってゆくこと いかに多くの感情に気が付かず、過ぎ去ってゆくこと つまり、多くの時間を無意識で過ごしていること 自分の感情に気がついていること、それも途切れなく。できたらどんな世界が待っているのだろう!考えるとワクワクしますが、まだできません..ですが訓練するにつれ、意識的なるのに慣れてきます。 例えばイライラの感情を観たとき。 観たその瞬間、イライラはオブジェクト(観る対象)となって、振り回されなくなります。 意識的になることは、たくさんのメリットがあります。 メリット ○感情に振り回されなくなってくる ○疲れづらい 盲目的に感情に振り回されれば、疲弊します。振り回されなければ、疲れないのです。 ○心の「思いのくせ」が発見できる 見つかれば、自分を疲れさせる「思いのくせ」を良き心に転換できる ○心に振り回さず、グラグラしないので自信がつく ○リラックスする 心の動きに気がつく たったそれだけ簡単じゃないけど、いつでも誰でもできる taraは、この瞑想を始めてから自分が変わ

最新記事
アーカイブ
タグから検索
  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon
連絡先 tara
080-4407-5957
​メール yogalungta@gmail.com
ヨガルンタ西八王子
​〒193-0831 八王子市並木町28-1
ヨガルンタ上野原

上野原総合福祉センターふじみ 3F教養娯楽室

409-0112 山梨県上野原市上野原3163