top of page

聖なる音ॐ(AUM)




まずこの動画をご覧ください。



これはNASAが発表した宇宙のブラックホールの音です。

インド人の友人(彼も幼少の頃からヨガを実践している)が教えてくれた動画で、

オームに聞こえないか、ということでした。 


聞いてみると、なるほど、オームに聞こえます。


ヨガ哲学でオームは聖音とされ、ウパニシャッド(サンスクリットで書かれたヴェーダの関連書物)においては、

この聖音は宇宙の根本原理であるブラフマン(宇宙の原理と言われる存在)を象徴するものとされています。


インドの哲学は本当にすごい!

オームが本当に宇宙で鳴り響いていたんだ。


ヨガの実践において、インドでは必ずオームを唱えます。


オォォーーーーーーウム


唱えてみるとわかりますが、バイブレーションが起こります。

ヨガの呼吸法、蜂の羽の呼吸(ブラーマリ)も同じようにバイブレーションが生まれます。

きっと、このバイブレーションが宇宙で鳴り響いているオームのバイブレーションと共鳴するんですね。

そして、深いところで宇宙と、根本原理と繋がるんだと思います。


私たちはあまりにも、自然から切り離された価値観で生きています。でも私たちは自然の一部です。

だからヨガをすると、私たちも自然の一部だってことを深いところで認識して、満たされるのです。


身体的にも、ॐチャンティング(唱えること)やブラーマリは振動を起こすので血流が増します。

脳への酸素と血液の供給が増すので、脳の働きが良くなりそういったことを感じる感覚も増すのですね、


知れば知るほど奥が深い。


先人たちはNASAのテクノロジーが発明されるずっと前から知っていた、ということです。


テクノロジーが発達して、私たちの生活はガラリと変わり、便利になった。

でも失ったもののほうが大きいのかも知れない、と思う日々です。


ヨガをして、瞑想して、そういう感覚を取り戻していきたいな、と思いました。



Written by たら

タグ:

Comentários


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page