キッズヨガってどんなもの?


こんにちは!

毎月第2、4金曜日19:00〜20;00、大和田市民センターでキッズヨガをやっています。

ヨガの効果で一つ大きく上げられるのが睡眠の質の向上です。もちろんその効果はヨガをする大人にも。

睡眠は、体や脳の回復や穏やかな発達に欠かせないもので、記憶、集中、学習、感情のコントロールを強化します。

睡眠が不足すると学業不審や意欲の減退、態度のコントロールが難しくなる…という自体を招いてしまいかねません。

ヨガは、子供に、寝つきが良くなる、熟睡できるという良い影響を与えます。

気を静める呼吸法や、ポーズに集中したり、といったことが副交感神経優位な状態にするからです。

ヨガは精神と身体を内観し、リラックスできるスキルを学ぶことで、眠りの質が向上します。

ヨガの練習で、眠りに落ちるまでの時間と、寝ている間の覚醒回数が減る一方で、睡眠時間が長くなり

また睡眠の効率や主観的な睡眠の質が高まることがわかっています。

子供達に「ヨガってどんな効果があるの〜?」と聞くと

「リラックスできる〜!」

と答えてくれます。そうそう!わかってくれて、嬉しい!

大和田市民センターでのヨガは始まって何回かになるので

子供達もだんだんと、ヨガのコツ、呼吸のコツを覚えてきました。

前回のテーマ『反対』についてみんなで考えました。

ヨガでの「反対」ってな〜に?

いくつか反対のことがらをみんなで考えて

例えば、短い→長い、リラックス→緊張、止まる→動く

など、比べる2つのものが違うとき「反対」と感じること、

反対とは悪いことではなくて、ただ単に「違う」ということなんだって

みんなで話し合って納得しました。

ヨガポーズは、ポーズの中の「反対」を考えながら。

例えば月のポーズでは、

体の右側は伸びていて、左側は縮んでいる

下向きの犬では

足は下に向いていて、お尻は上へ向いている

木のポーズでは

足は下へ伸ばす、上半身は上へ伸ばす

こうして、ポーズの微細な部分を考え感じることで感覚を内側に引き戻し

自分の心の状態も客観的に観察できるようになります。

心の状態に合わせて呼吸法をしたり

自分を調節してストレスを回避したり。

リラクゼーション「緊張と弛緩」を終えた頃には

眠くなっちゃった〜

いいねいいね!ヨガ、効いてるね、って感じで聞いてて嬉しくなっちゃう。

最後に「反対」について絵を描いてねって紙とペンを渡したら

みんな思い思いの「反対」を描いてくれました。

子供って想像力豊か〜!

面白かったのは飛行機のおもて面と裏面、とか

月と太陽とか(それ、ハ(月)タ(太陽)、ハタヨガだよねー)わかってるぅ!

なんだか嬉しいシンクロニシティーもあったり、毎回子供達には驚かされています^^

もしお子様がヨガをしていたら、お母さんもぜひ呼吸法を一つ覚えてください。

お家で実践、特に寝る前なんかに、できたら最高です。お母さんの睡眠も向上しますよ♪

覚えたい方、声をかけてください。

いつでもお教えいたします⭐︎

キッズヨガ情報

第2、4金曜日大和田市民センター19:00〜20:00

そのあとは続けてママヨガ(20:10〜21:00)もやってます。

第4日曜日は西八王子ヨガ教室ルンタ10:00〜11:00

参加ご希望の方がいましたら

yogalungta@gmail.com たらまでご連絡ください。

#キッズヨガ#子供の学習#呼吸法

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square